FC2ブログ

メテナミン


メテナミン


メテナミンは有効成分としてメテナミン馬尿酸塩1gを含有している、膀胱炎・腎盂腎炎など尿路感染症の治療薬です。

メテナミンには優れた抗菌作用がありますが、一般的な抗生物質とは全く異なる作用機序で作用します。
メテナミンは尿内でホルムアルデヒドに分解され、尿が防腐性を持つことで抗菌効果を発揮します。

メテナミンは「ヘキサメチレンテトラミン」とも呼ばれます。国内では「ヘキサミン静注液」という商品名で注射剤が製造発売されておりますが、本剤のような内服薬は認可されていないため流通しておりません。

メテナミン
スポンサーサイト



子供用アモキシリン


子供用アモキシリン


飲みやすい子供用のシロップタイプの抗生物質です。喉の痛みや発熱の一般的な風邪の症状などに処方されています。アモキシリンは、ペニシリン系の代表的な抗生物質、抗菌薬です。のどの痛みや発熱以外にも、様々な細菌に有効とされ、呼吸器や耳鼻科でも処方されることがあります。

子供用アモキシリン

ニフトラン(ニトロフラントイン)100mg 10粒




マーチファー100mgは、合併症を伴わない腎盂(じんう)腎炎、ぼうこう炎などの下部尿路感染症の治療や、再発防止に使用される抗生物質です。有効成分ニトロフラントインは、体内への吸収性にすぐれ、大腸菌・クレブシエラ-エンテロバクター属ブドウ球菌・腸球菌に対して、特に効果を発揮します。また尿中レベルが高いため、腎盂腎炎やぼうこう炎の治療において、とても有効な抗生物質です。

? 腎盂腎炎 : 腎盂腎炎には、急性と慢性があります。急性腎盂腎炎は、風邪のような症状(高熱や悪寒など)があらわれ、時には40度以上の高熱や、腰やわき腹の痛みを伴います。尿管がけいれんすると、腎せん痛と呼ばれる激しい痛みも起こります。尿の回数が増え、ぼうこう炎のような排尿時の痛みや残尿感を伴い、白く濁った尿が出るのが特徴です。一方、慢性腎盂腎炎は自覚症状がない場合があり、症状も様々なため、慢性腎盂腎炎の診断は難しいとされています。微熱・体のだるさ・食欲不振・吐き気などの症状があります。

? 腎盂腎炎の治療 : 治療には、抗生物質を服用するのが一般的です。通常は、2週間程度服用を続けます。男性の場合は、病原菌の根絶が難しいため、6週間ほど服用する場合もあります。

ニフトラン(ニトロフラントイン)100mg 10粒

ニフトラン(ニトロフラントイン)100mg


ニフトラン(ニトロフラントイン)100mg


マーチファー100mgは、合併症を伴わない腎盂(じんう)腎炎、ぼうこう炎などの下部尿路感染症の治療や、再発防止に使用される抗生物質です。有効成分ニトロフラントインは、体内への吸収性にすぐれ、大腸菌・クレブシエラ-エンテロバクター属ブドウ球菌・腸球菌に対して、特に効果を発揮します。また尿中レベルが高いため、腎盂腎炎やぼうこう炎の治療において、とても有効な抗生物質です。

? 腎盂腎炎 : 腎盂腎炎には、急性と慢性があります。急性腎盂腎炎は、風邪のような症状(高熱や悪寒など)があらわれ、時には40度以上の高熱や、腰やわき腹の痛みを伴います。尿管がけいれんすると、腎せん痛と呼ばれる激しい痛みも起こります。尿の回数が増え、ぼうこう炎のような排尿時の痛みや残尿感を伴い、白く濁った尿が出るのが特徴です。一方、慢性腎盂腎炎は自覚症状がない場合があり、症状も様々なため、慢性腎盂腎炎の診断は難しいとされています。微熱・体のだるさ・食欲不振・吐き気などの症状があります。

? 腎盂腎炎の治療 : 治療には、抗生物質を服用するのが一般的です。通常は、2週間程度服用を続けます。男性の場合は、病原菌の根絶が難しいため、6週間ほど服用する場合もあります。

ニフトラン(ニトロフラントイン)100mg

シプロックス(塩酸シプロフロキサシン)500mg


シプロックス(塩酸シプロフロキサシン)500mg


シプロックス(塩酸シプロフロキサシン)は、ペニシリン系やセフェム系などの抗生物質のある人にも服用され淋病、尿道炎には特に効果を発揮する薬です。旧来の抗菌薬に比べ効果が強いため、おもにブドウ球菌、リン菌、大腸菌、レンサ球菌、インフルエンザ菌、炭疽菌などの病原菌の対して殺菌的に作用します。治療に難しい感染症にも効果があり、副作用も少ないほうです。

注射タイプも販売されていますがこちらは経口薬になります。淋病などの性感染の治療だけでなく、織物、膀胱炎、子宮内感染、中耳炎、皮膚炎などに幅広い治療に効果があります。

尿道に炎症が生じる症状で外尿道から膿や透明な分泌物がでる尿道炎や、トリコモナスンジダなどの真菌、マイコプラズマ、クラミジア、尿道内に入った検査用剤による原因の非淋菌性尿道炎に比較的対応しています。感染症の一つである淋病はSTD・性病として認定されている淋菌による感染です。

女性の場合は自覚症状がないことが多いため、そのまま放置していると子宮外妊娠、不妊症の原因になってしまいます。淋病は再感染を繰り返すことがあるので完治させることが大事です。 また母子が淋菌に感染すると新生児も感染する可能性があります。

淋病などの感染症に有効な治療として使用されるシプロを服用することで完治することが可能です 症状がなくなっても感染源が体内に残っている場合がありますので、自己判断で服用を中止しないようにしましょう。

副作用は少ないですが、頭痛、下痢、吐き気、眠気などがある場合があります。また鎮痛剤との併用は副作用が出やすくなる可能性がありますのでご注意下さい。

シプロックス(塩酸シプロフロキサシン)500mg
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR