FC2ブログ

ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)5mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)5mg

ロザリップ(クレストール)10mg


ロザリップ(クレストール)10mg


ロザリップ(クレストール)10mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)10mg

ロザリップ(クレストール)20mg


ロザリップ(クレストール)20mg


ロザリップ(クレストール)20mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)20mg

クレストール20mg


クレストール20mg


クレストール20mg(CRESTOR20mg)は、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられるお薬です。肝臓でのコレステロール合成に関与するHMG-CoA還元酵素を選択的・競合的に阻害する働きがあります。コレステロール合成を抑制することによって血液中のコレステロールを低下させます。

クレストール20mg

エゼンチア(エゼチミブ)10mg


エゼンチア(エゼチミブ)10mg


脂質異常症とは、血液中のコレステロールの数値が異常に高い病気のことです。以前は高コレステロール血症とよばれていました。血液中のコレステロールが高いと血管の壁にこびりついてしまい、動脈硬化が起きます。動脈硬化とは全身をめぐる血管が硬くなってしまう状態のことで、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの原因になるといわれています。お肉や脂っこいものが好きな方やお腹が最近出てきたことが気になっている方は、血液中のコレステロールが高くなっている可能性があります。健康診断などで血液中のコレステロールが高いと指摘されたことがある場合には、食事や運動、そして内服薬によって改善する必要があります。

エゼンチアは、コレステロールを下げる効果を期待できる薬です。血液中のコレステロールの数値が高い方は、中性脂肪の値も高いことが多いです。エゼンチアは、コレステロールだけでなく中性脂肪も下げる効果があるといわれています。エゼンチアはコレステロール低下薬の中でも、小腸コレステロールトランスポーター阻害薬とよばれる新しいタイプのもので、小腸で長時間作用するという特徴があります。そのため、1日に1回内服すれば効果が持続するといわれています。

エゼンチア(エゼチミブ)10mg
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR