FC2ブログ

ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)45mg


ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)45mg


ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)45mg


ピジョンは、生活習慣病の一つである、2型糖尿病の治療薬です。ピジョンの有効成分塩酸ピオグリタゾンは、血液中のブドウ糖と結合しそれを細胞に送るインスリン受容体のインスリン結合部に作用することで、インスリンの働きを活発にします。その結果、筋肉および脂肪組織では糖の吸収・利用を促進され、肝臓では糖の放出が抑制されるため、体内の血糖が低下します。

塩酸ピオグリタゾンにより分泌が促進させられるアディポネクチンは、肝臓や骨格筋の蓄積した中性脂肪を燃焼させる作用があり、運動時に活性化されると言うAMPキナーゼを活性し、肝臓における糖新生の抑制や、骨格筋における糖の取り込み促進作用によって、血糖を低下させる作用があります。 また、骨格筋における遊離脂肪酸の分解を促進することにより、インスリンの作用を改善すると考えられています。
このように塩酸ピオグリタゾンは、すい臓からのインスリン分泌量の増加なしに血糖降下作用をあらわし、長期にわたり血糖値を安定させられると、臨床報告されています。さらに、アディポネクチンによる中性脂肪燃焼作用やHDLコレステロールの血中濃度を上げる作用もあるため、高中性脂肪症、高HDLコレステロール血症も改善させられると言われています。

ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)45mg

スポンサーサイト



フォルキシガ(ダパグリフロジン)5mg


フォルキシガ(ダパグリフロジン)5mg


フォルキシガ5mgは、強力な糖尿病治療薬です。

1日1回服用することで、余分な糖分を尿として排出し、それによって血糖値を下げることができます。

フォルキシガ5mgは、米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社によって創製され、英国アストラゼネカ社との共同で開発された世界で初めてのナトリウム・グルコース共輸送体2(SGLT2:sodium-glucose co-transporter 2)阻害薬です。

2012年にオーストラリアで承認されてから、2017年4月現在、米国を含む85ヵ国以上で承認されています。

日本でもフォルキシガ5mgはフォシーガという販売名で承認されており、糖尿病患者の治療のために多くの医療機関で処方されています。

食事の影響を受けず食前・食後のどちらでも問題なく服用でき、1日1回服用すれば良好な血糖コントロールを得ることができます。

フォルキシガ(ダパグリフロジン)5mg

ジャヌメット50mg/500mg


ジャヌメット50mg/500mg


ジャヌメット50mg/500mgは2つの糖尿病治療薬を組み合わせた配合剤です。
服用することで糖尿病を治療することができます。

ジャヌメット50mg/500mg は、アメリカ合衆国ニュージャージー州に本社を置く世界的な製薬企業であるMSD(Merck Sharp and Dohme)社によって製造・販売されています。

MSDは世界140ヵ国以上で事業を展開しており、世界中に高品質な医薬品を提供しています。
何度も医薬品業で売上高世界一に輝いています。

日本でもMSDは展開しており、現在の日本の医療業界にとってなくてはならない存在となっています。
ジャヌメット50mg/500mgもそんなMSDが開発した高品質なお薬の1つで、服用することで良好に血糖をコントロールすることができます。

2つの有効成分を組み合わせて製造されているので、相乗効果でより強力に血糖値を下げることができつつ、1つの成分を大量に配合しているわけでもないので副作用を起こしにくく安全性が高いのが特徴です。

糖尿病を治療することで、それによって発症する手足のしびれや失明、腎臓病などの重篤な合併症を予防することができます。

ジャヌメット50mg/500mg

ジャヌビア25mg


ジャヌビア25mg


ジャヌビア25mgは、Merck Sharp and Dohme(MSD)により製造されたジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬で、新しい作用機序の経口糖尿病治療薬です。

2006年8月に世界初のDPP-4阻害薬としてメキシコで承認され、その後2006年10月には米国で承認されました。

2018年6月現在、米国、欧州、アジアの各国を含む134の国・地域で承認されています。

日本でも2009年にはジャヌビアは承認され、現在では多くの医療機関で糖尿病患者の治療のために処方されています。

ジャヌビア25mgの特徴は、食事の影響を受けにくく、1日1回いつ服用してもいいということです。

飲み忘れしにくいので良好な血糖値コントロールを得ることができます。

また、血糖値を下げすぎたりせず適度に下げることができるという作用特性があり、副作用を起こしにくいというのも人気の理由です。

ジャヌビア25mg

コンビグライゼXR

強力な糖尿病治療薬2種類を組み合わせた配合剤です。

世界的な製薬企業アストラゼネカ(AstraZeneca)社によって製造・販売されており、服用することで血糖値を良好にコントロールすることができます。

コンビグライゼXR 5/1000mgは日本では販売されていませんが、それぞれ2つの有効成分は日本でも承認されており日本人にとっても有効性・安全性が確立されているので、コンビグライゼXR 5/1000mgを1錠服用すれば1粒で2度おいしいお薬となっています。

コンビグライゼXR 5/1000mgは、1錠に有効成分にサキサグリプチンとして5mg/メトホルミンとして1,000mg含有しています。

この2つの成分を1錠服用すれば摂取できるため、様々なメリットがあります。

まずは、効果が強力なことです。

2つの強力な成分を配合しているので強力に血糖値を下げることができます。

しかし副作用は起こしにくく、安全性が高いのも特徴です。

さらに、日本で承認されている有効成分メトホルミンの用法は1日に2~3回に分割して服用する必要がありますが、コンビグライゼXR 5/1000mgは1日1回服用するだけでいいということもメリットの1つです。

1日の服用回数が少なくて済めば、飲み忘れの防止につながりより良好に糖尿病治療をすることができるようになります。

2型糖尿病

本剤の適用はあらかじめ糖尿病治療の基本である食事療法、運動療法を十分に行った うえで効果が不十分な場合に限り考慮してください。
糖尿病の診断が確立した患者のみ適用を考慮してください。



コンビグライゼXR 5/1000mg


コンビグライゼXR 5/1000mg


コンビグライゼXR 5/1000mg




コンビグライゼXR 5/500mg

サクサグリプチンが主成分の ジペプチジルペプチダーゼ(DDP-4)阻害剤に メトフォルミンを合わせた製剤です。 血糖のコントロールにダイエットと運動が必要な2型糖尿病患者で サクサグリプチンとメトフォルミンの混合薬が適切である場合に使用するお薬です。

コンビグライゼXR 5/500mg

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR